7/26/2016

ボナタスさんは考えた⑰

グイド・ボナタスさんの「146の考察」、
ベンジャミン・ダイクスさんが英訳したものを、
師匠Kuni. Kawachi先生に教えてもらいながら、
読み進めております。


毎日暑いでーす。
夏バテで-す。

パソコンの前に座っているだけで、
ハアハア言いそうです。


ボナタスさんの17番目の考察は、
たぶん、考察16と対になっています。

アセンダントロードと、
物事が成立するためのベネフィックの表示体が
非常に近いトラインアスペクトをしていても、
それがセパレートなら、
ああ、ほんの少しでもセパレートしていたなら、
物事は成立しない・・と書いてあると思います。


無情にも、
指の隙間から、
はらはらと幸せは逃げていく・・・って
感じでしょうか。

違うかな。



0 件のコメント:

コメントを投稿