2/06/2016

ボナタスさんは考えた⑧

お久しぶりのボナタスさんシリーズです。

グイド・ボナタスさんの、
「146 CONSIDERATIONS」(146の考察)、
ラテン語で書かれた文章を
ベンジャミン・ダイクスさんが英訳したものを、
師匠Kuni Kawachi先生に教えてもらいながら、
読み進めております。


このボナタスさんシリーズ、
楽しみにしている方は誰もいないことは、
承知しております。
ただ、私がこのお勉強を続けていくために、
私自身に課しているのですが・・・

くじけそうや。


さて、
ボナタスさんの考察8番目は、
惑星が喜ぶ、4つの状態についてです。

ハウスのジョイ、サインのドミサイル、
あと、
昼の惑星がオリエンタル、夜の惑星がオキシデンタルに、
上位の惑星が喜ぶハウス、下位の惑星が喜ぶハウス、

について書かれています。

\(-o-)/





0 件のコメント:

コメントを投稿