2/28/2016

時の流れに・・・

先日、
仕事で近くまで来たからと、
友人Mちゃんが泊りがけで遊びに来てくれました。


Mちゃんは7歳年上です。
私が中学生で、
彼女が短大を卒業して働き始めたという頃からの
長いつきあいで、
もう40年近くなります。

当時は、すご~く歳の離れたオトナの人と遊んでいるように
思ってました。
実際、まだまだ心も体も成長途中ですし、
お小遣いもそんなにあるわけではなく、
いろんな意味でものすご~く甘えてました。
まだまだ幼かった私の愚行もいっぱい見られているので、
思い出すと恥ずかしくなることもいっぱいあります。


現在、大人になってからできた友人にも、
同じくらい年上、年下の人が何人かいますが、

やはり、Mちゃんとの七歳の幅の感覚が
全然違うのです。


今はもうお互い50歳代で、
普段は七つ年上の彼女に対して
特に歳の差を感じているというわけではないのですが、

彼女を前にして話していると、
ふとした会話の中で、彼女のことは現在の実年齢で認識できているのに、
自分がとても若いという前提の思考回路になっているのです。


で、結果、
今でも甘えてしまうのです。



情けないッス・・・ (>_<)






0 件のコメント:

コメントを投稿