5/14/2017

遥かなるルネサンス


友人からメールが来ました。

「春過ぎて夏来にけらし・・・・
 神戸市立博物館はどう?・・・
  伊東マンショとか好きだし・・・」

伊東マンショ? 誰や? (・.・;)

恥ずかしながら、「伊東マンショ」初耳の私は
神戸市立博物館のホームページを覗きました。|д゚)


 16世紀、キリスト教の世界布教にともない宣教師が日本にもやってきます。イエズス会士ヴァリニャーノは、日本における布教をさらに深めるために、日本人信徒をヨーロッパに派遣します。後世に名高い「天正遣欧少年使節」です。使節に選ばれた伊東マンショら4人の少年たちは、1582年に長崎からイタリアに向けて旅立ち、ローマで教皇グレゴリウス13世に謁見(えっけん)、訪問する各地で手厚いもてなしを受けました。
 本展では、天正遣欧少年使節が訪れたイタリア各地の都市の芸術を紹介し、彼らの足跡をたどります。ブロンズィーノやティントレットの絵画作品を始め、タピスリー、陶器、ガラスなどの工芸品や書簡資料など、約70件の資料が当時のヨーロッパを追体験させてくれることでしょう。

  (神戸市立博物館のホームページより)


・・・・・ということで、
神戸市立博物館に行ってまいりました。

「遥かなるルネサンス 
 天正遣欧少年使節がたどったイタリア 」


伊東マンショの肖像画


伊東マンショ、カワイイ。

ギリシャ神話をモチーフにした作品もけっこうあって、
伊東マンショさんたちは、こういうのも見たのかなあ・・なんて、
思いました。

狩猟の様子が描かれた、でっかいタペストリーがあったのですが、
動物に刃物が突き刺さって血が滴っている部分を
丹念に織っていく気分ってどんなだろう・・・と想像して、
ぞわぞわしてしまいました。



う~ん、もうちょっとマシな感想ないのか (~_~;)

0 件のコメント:

コメントを投稿