8/14/2016

ボナタスさんは考えた⑱

グイド・ボナタスさんの「146の考察」、
ベンジャミン・ダイクスさんが英訳したものを、
師匠Kuni. Kawachi先生に教えてもらいながら、
読み進めております。


ボナタスさんの18番目の考察は、

惑星がホールサインでマレフィックと、
スクエアかオポジションでアスペクトしてる、
あるいはコンジャンクションでも・・・

マレフィックがその惑星をレシーブしていない限り、
悪い状態にあると言える・・・

でもまる1分離れていたら、
危険や障害を脱したと言われ、

1度離れたら、
恐怖、悩みはもたらすものの、
もう安全と言える・・・


という感じのことが書かれています。

0 件のコメント:

コメントを投稿