6/10/2016

ボナタスさんは考えた⑭

グイド・ボナタスさんの「146の考察」、
ベンジャミン・ダイクスさんが英訳したものを、
師匠Kuni. Kawachi先生に教えてもらいながら、
読み進めております。


ボナタスさんの14番目の考察は、
水星と月について、少し書かれています。

水星と月は、
a convertible natureだと書かれています。

ネットの無料翻訳に
そのまま入れると、
「可変性質」  と出てきました。

そう、
水星と月は、「可変性質」だということです。

自分が引っ付いた惑星の性質に
影響されるんですね。





0 件のコメント:

コメントを投稿