4/01/2015

ノラ猫参上

今朝、玄関の前を掃除していて、
ふと振り向くと、猫がいた。
一瞬わが家の猫が脱走したのかと思ったけど、
よく見ると全然違う柄の
白に黄トラを背負った猫でした。



しかもお顔は
わが家の黒猫モズクのようなオトボケ顔ではなく、
「どこの組のモンやねん」と言いたくなるような迫力ある御面相。
どんな人生(猫生)を送ってきたらそんな顔になるのか。
きっとノラ猫として数々の困難をのりこえてきたのでしょう。

ちなみに
わが家のもう一匹の猫、ハナちゃんは、
幼女の頃から「蝶よ花よ」と育ててきましたが、
どこの組のモンやねん顔・・・です(^_^;)
なんでや(+_+)

さてさて、
その白に黄トラのノラ猫に
「にゃー」とあいさつすると、
「ニャー」と返してきた。
おとろしい顔のわりに人懐っこい。
かわいいやないか(>_<)

わが家に入りたそうでしたが、
[あんた今さら人間に飼われたくないやろ]という意味をこめて、
「にゃあーん」というと、
「ニャア(まあな)」と言って、
家の横のせまい通路に曲がって行っちゃいました。
(もちろんこの会話は私のひとりよがりです^^;)

うーん、ちょっとさみしい。

0 件のコメント:

コメントを投稿